読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

AppleWatchは生産性アップの重要ツールになりえるかもしれない

 

生産性アップの手法として

 

ポモドーロテクニックというものがあります

 

効率的にタスクをこなす手法として

 

いろいろなところで取りざたされています

 

ポモドーロテクニックを簡単に説明すると

  1. タスクを25分間おこなう
  2. 25分間はタイマーが鳴るまでタスクのみに集中する
  3. タイマーが鳴ったら5分休憩する
  4. 1-3を4回繰り返したら30分休憩する

 

というものです

 

いきなり手法の説明で

 

肝心のAppleWatchが出てこないじゃないかと思われたかもしれませんが

 

実はもうすでに出てきています

 

そう

 

タイマーです

 

AppleWatchのタイマー機能とポモドーロテクニックは

 

非常に親和性が高いと感じています

 

腕時計なのでタイマーが鳴っても静か

音を出せる状況であればスマホのタイマーで問題ないと思いますが、

 

静かな場所、例えば職場などでポモドーロテクニックを使いたい場合、

 

バイレーションにする必要があります

 

しかし、このバイブレーションも机に置いておくとかなり響きます

 

周りの目を気にしながらだとポモドーロテクニックの重要な要点である

 

25分間集中することが難しくなってしまいます

 

そこで、AppleWatchです

 

AppleWatchは当然ながら腕につけます

 

タイマーが鳴るときは腕で震えるので

 

一切、周りの目を気にする必要はありません

 

タイマーに気づかない

 

なんてこともほぼないでしょう

 

設定もしやすい

スマホのタイマーは

  1. スマホを手に取り
  2. 暗証番号を打ち
  3. アプリを起動
  4. タイマーを起動

 

とかなり手間です

 

ポモドーロ専用アプリもありますが、

 

私のように意識の高いビジネスマンは

 

スマホの自動ロックをしていると思うので

 

スマホのロック解除が面倒なのは自明でしょう

 

そこでAppleWatchです

 

AppleWatchだとタイマーを起動しっぱなしにしておけば

 

時計を見るようにしてタイマーを確認できますし

 

休憩時間の5分と30分はボタン一つで開始可能、

 

25分もカスタムのところで一回設定して変えなければ

 

実質2タップほどでポモドーロの開始ができます

 

おわりに

ポモドーロテクニックのためだけに

 

AppleWatchを買うというのはありえないと思います

 

しかし、既に持っている人で

 

AppleWatchを使いこなせていないと感じているのであれば

 

使いこなすための一つの方法として

 

ポモドーロテクニックを使ってみるのをおすすめします

 

 

余談ですが、

 

ポモドーロテクニックをちゃんとこなすのはかなり疲れます

 

1日8時間働いているなら12ポモドーロは余裕でできるだろうと思いがちですが、

 

せいぜい10ポモドーロできたら調子がいいです

 

ふつうは8ポモドーロくらいがちょうどいいと思います

 

多くできてしまうという人は

 

才能か、ちゃんと集中できていないかのどちらかだと思いますよ

 

 

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

 

 

ブラック企業に勤めるプログラマが人生を考え直すためのマニュアル

 

多くのプログラマが悩んでいるであろう問題は

 

今の会社で今の仕事をしていいいのだろうか

 

というものでしょう

 

もしくは、そんなことを考えている余裕がないほど忙しい

(まぁ、そんな人はこのブログを読む時間すら、ないのでしょうが・・)

 

要するに人生について考え直す

 

いや、考える機会を作ることが必要と感じているのではないですか

 

ご多聞にもれず

 

わたしも長いことプログラマとして仕事をしてきて、

 

上がらない給料

 

変わらない職場

 

鬼のようにふってくる案件

 

を毎日のように疑問に思う暇もなく

 

ひたすら毎日をこなしていくので精一杯の日々です

 

 

 

あなたの人生はそのままでいいのでしょうか

 

そのままでいいと言う人も

 

生活が良くなるのであれば

 

変えたいと思うのではないでしょうか

 

人生を変えたいと少しでも思うのであれば

 

この本はあなたの人生を文字通り変えるかもしれません

 

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

 

 

ありきたりな表現を借りるとすると 

 

ソフトウェアエンジニアの

 

ソフトウェアエンジニアによる

 

ソフトウェアエンジニアのための

 

人生マニュアルです

 

何が書かれているのか

 

技術っぽいことはほぼ書かれていません

 

書かれているのは下記のようなことです

 

・キャリアについて

・パーソナルブランドの効能とその方法

・学習方法について

・生産性の高め方について

・お金について

・健康について

・メンタルについて

 

などです

 

普通のエンジニア向けの書籍とは一線を画しています

 

エディターをカスタマイズして効率的に仕事ができるようにすることは

 

確かに重要なことに間違いはないでしょう

 

人が読みやすいようにコードを書く手法を学ぶことは

 

職業プログラマ、エンジニアとしては必須のスキルでしょう

 

しかし、一人の人間として

 

いち社会人として

 

そのようなスキルが最も重要だと思えるでしょうか

 

真に必要なスキルは

 

人生のサバイバル術ではないでしょうか

 

 

 

 

今、ソフトウェアエンジニアは不足しています

 

しかし、10年後、20年後はどうなっているかわかりません

 

人工知能が飛躍的に進歩して

 

世界一の囲碁棋士を打ち破る時代です

 

いつ、我々のような凡庸なエンジニアが淘汰されてしまうかわからないのです

 

今からしっかりと人生の目標を見据え

 

行動していくことで

 

将来、どうなっても大丈夫なようにリスクを減らしていくことをおすすめします

 

そのためのマニュアルとしてこの本を活用いただければと思います。

 

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

SOFT SKILLS ソフトウェア開発者の人生マニュアル

 

 

AppleWatchを右手につけて調子が悪い人向けの文章です

AppleWatch、楽しんでますか?

 

わたしは楽しんでます

 

わたしは最初、AppleWatchを右手につけていました

 

概ね満足していたのですが、

 

ApplePayをつかってみると

 

どうにも認識が悪く、もたつくことが多々ありました

 

こりゃダメだなと感じていたのですが、

 

左手につけてみてびっくり

 

超絶感度です

 

今までがなんだったのかと思うほどの

 

認識のはやさ。

 

これは革命ですね

 

 

 

 

筋トレ一ヶ月で冬を迎えて気づくデメリット

筋トレはメリットばかりが取りざたされますが

 

当然ながらデメリットもあります

 

ジムやプロテインの費用がかかるとか

 

時間を取られるとか想像はついていたんですが

 

意外な弊害が出て来ました

 

それは

 

代謝が良くなりすぎて適切な着る量がわからなくなる

 

筋トレをする前の冬は寒くなったら、着まくるのが定石でした

 

しかし、筋トレをしはじめてから

 

代謝が良くなり、少し動くだけでも暑くなります

 

寒い時を基準に服を着てしまうと

 

電車の中や職場が暑いのです

 

解決方法は模索中ですが

 

  • ジャケットは軽く、持ち運びやすいようにする
  • 脱いでも問題なさそうなファッションにしておく
  • 諦めて薄着ででかける

 

 

服を着込まなくてもよくなってきたのは

 

とても楽なので

 

一年間継続して、来年の冬を迎えた時が非常に楽しみですね

 

すい冬場でも半袖短パンの人をたまに見ますが

 

そんな人になってみたい

 

ひそかな目標です

 

 

 

 

 

初心者のジム選び

筋トレを始めたい

 

そう思った時に立ちはだかるのが

 

どのジムにすればいいのか

 

という問題です

 

ジム選びにはいくつかの指標があります

 

設備、トレーナーの質、器具の揃い方、雰囲気 など

 

もちろんこれらは大切です

 

ですが、重要なことはもっと他にもあります

 

ジムの選び方をご紹介しましょう

 

何をおいてもまずは立地

立地です。

 

他の全てがダメだとしても

 

立地が良ければそのジムにするべきだと思えるほど大事です

 

ジムは継続こそ命です

 

継続のしやすさにおいて立地はとても大事です

 

ジムのためにわざわざ隣駅に行くでしょうか

 

初期の頃のやる気がみちみちている時には

 

いいでしょうが、だんだん月日が経ち

 

やる気がなくなって来た時のことを想像してみましょう

 

また、出張の多い人は各地に全国展開しているジムに入会するなど

 

工夫が必要です

 

とにかく、行きやすいジムを選ぶことが大事です

 

費用が払える

ジムって結構お高いですよね

 

月額1万円だと年換算で12万円です

 

費用が払えるなら問題ないですが

 

自分のお財布にあったジム選びが大事です

 

ジム破産なんてことなったら

 

全国ニュースになってしまいますよ

 

きちんとトレーニングできる

せっかく立地のいいジムを選んでも

 

混んでいたり、時間帯が合わなかったりして

 

トレーニングできなければ

 

意味がありません

 

トレーニングをできることは最低条件でしょう

 

まとめ

初心者のジム選びで大事なことは

 

・行きやすい立地である

・費用が払える

・きちんとトレーニングできる

 

以上です

 

 

 

関連記事

 

sshi.hatenablog.com

 

sshi.hatenablog.com

 

 

やる気を出すための方法。ただし、やる気は胸筋から出る。

 

やる気が出なくて勉強が手につかない

 

やる気が出なくて就職もうまくいかない

 

やる気が出なくて恋人もできない

 

無尽蔵にやる気が出て来たらどんな自分になれただろう

 

そんな風に考えたことはないでしょうか

 

わたしもずっとやる気がでない生活を送って来ました

 

たまにやる気を出しても

 

次の日にはもうやる気は消え去っていることが多々ありました

 

しかし、そんな自分があることをしてから変わりました

 

毎日やる気にみちみちて

 

何をするにしてもやる気を出すという作業はほぼ不要になりました

 

やろうと思った時にはもうやれているんです

 

な、何を言ってるかわからないかもしれませんが

 

そういうことです

 

ではその方法とはなんでしょうか

 

やる気をジムに行け

ジムに行くやる気はどこからくるんだという質問は受け付けられません

 

とにかく、ジムに行って

 

本気の筋トレをして

 

ルームランナーで本気で走って

 

シャワー浴びで帰る

 

これを最低週2でやってほしいです

 

筋肉と体力をつけろ

要するに筋肉と体力をつければいいということです

 

しかし、これらがつけられれば、なんでもいいですが、

 

できればジムには行ってほしいです

 

何かと捗ります

 

ただし、やる気は胸筋から出る

この方法、やる気は胸筋から出ます(自分の感覚

 

胸筋が大きくなればなるほど

 

やる気も大きく強くなっていきます

 

全身筋トレをしているので

 

本当に胸筋から出ているわけではないかもしれませんが

 

とりあえず、やる気マックスですよ

 

なにかなしとげたいことがあるなら挑戦しよう

 

平々凡々と人生を謳歌するのもありでしょう

 

しかし、やる気を出して何かをやりとげたい

 

成し遂げたいのであれば

 

ジムに行きましょう

 

ジムに行くやる気をどこにあるのかは・・

 

なんとかがんばってください!

 

無尽蔵のやる気があなたを待っていますよ

どうせみんなの仕事は機械に代わられるのになんでそんなにがんばるの?

 

残業残業

 

労働環境が悪い

 

転職は難しい

 

などなど、仕事にまつわる悩みは絶えませんよね

 

昨今は人工知能や機械化で仕事がどんどん減っています

 

え?

 

俺の仕事はなくならない?

 

そんな仕事はどこに存在するのでしょうか?

 

人工知能が絵を描く時代です

togetter.com

 

 

作曲することもできます

kai-you.net

 

 

 

さて、あなたの仕事はなくなりませんでしょうか?

 

医師、弁護士、会計士などはすでに人工知能化がされてきています

healthpress.jp

 

 

確かに法律で保護されている仕事は人工知能化が

 

なかなか難しいですが遅かれ早かれなくなるでしょう

 

 

プログラマはどうでしょうか

 

どんどんと自動化が進み

 

シンプルなシステムなら自動的に構築することも

 

そこまで難しくないでしょう

 

こちらも遅いか早いかに関わらず

 

人工知能に置き換わっていくことでしょう

 

 

 

はい

 

では、なんで今そんなに仕事をがんばってるのってことです

 

必死で残業して残業して

 

私生活を犠牲にして働いて何を得られるのでしょうか?

 

 

産業革命で起きたように

 

人は機械と戦わなくてはならない

 

そして、その戦いは絶対に負けることでしょう

 

歴史が証明しているのです

 

将来、人工知能に負ける時は必ず来ます

 

その時、あなたはどうするのでしょうか?

 

甘んじてうけいれるのでしょうか

 

暴動でもおこすのでしょうか

 

その時になってから問題について気付いても遅いです

 

しっかりと今のうちに準備をして

 

その時に困らないようにしておかなければなりません

 

そのために今することは残業ではありません

 

第一に人工知能について知る事

第二に自分でビジネスを作る事

第三に投資をする事

 

人工知能に取って代わられるとしても

 

いきなりすべての仕事がなくなることは考えにくいでしょう

 

産業革命でも残った仕事はありますし、

 

新しくできた仕事もあります

 

そう言った仕事、ビジネスに挑戦して行くことが

 

必要となってくるでしょう

 

少しでも稼げるうちに稼ぎ、人工知能の胴元に投資をする

 

のんきに残業している場合ではないのが伝わると嬉しいです