ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

ゲームが好きなのになんで自分のレベル上げはしないの?

人生はゲームである

 

何度となく言われてきた比喩であるが

 

これに同意する人は多いのではないだろうか

 

人によって開始条件も違えば

 

目標も違う

 

なんとも不思議なゲームだが

 

それだけ自由度のあるゲームは他に存在しない

 

 

 

ところでゲーム好きでずっとレベル上げしていても飽きないという人は多い

 

しかし、現実の自分のレベルをあげることをしないのは何故なのだろうと思う

 

ゲームのキャラをいくら強くしたところで

 

現実の自分は何も変わっていないのだ

 

FPSとか人のスキルを要するゲームならまだわかる

 

それはFPSスキルをあげていることになるからだ

 

ただ、RPGとかで決まった流れをするためだけに

 

レベル上げという単調な作業をひたすら無心で行うというのは理解できない

 

いや、昔はそれでも楽しかったのだが、もう、できない

 

大人になってしまったからかもしれない

 

ただし、現実の自分のレベル上げは楽しい

 

昔はあまり楽しいとは思えなかったが

 

今はゲームよりも自分自身のレベルを上げることを優先したい

 

 

なんのレベルをあげているのか

 

RPGでよくある

体力

魔力

強さ

器用さ

丈夫さ

速さ

賢さ

精神力

などを現実で鍛えるのである

 

さて、どうやるのか

 

体力

ランニング、スイミング、サッカーなど有酸素運動・スポーツをやる。

 

魔力

魔力はRPGだと魔法を使える体力的なものだが、

現実の場合は心の容量としておく。

鍛え方は、旅行をする、バンジージャンプをする、スカイダイビングをする

など自分の快適なところから飛び出すようなことをしていく。

 

強さ

筋トレ。

 

器用さ

絵を描く。文章を書く。

 

丈夫さ

筋トレ。

 

速さ

とにかくたくさんのことを同時にやる。全速力で走る。

 

賢さ

勉強する。とにかく勉強する

 

精神力

瞑想する。

 

運は鍛えられる。鍛え方は勉強すること。

要するに、

人事を尽くして天命を待つ

というやつだ。

 

ものによって大分、情報に差があるが

 

だいたいこんな感じだ

 

とりあえず、この中から好きなやつを選んでもいいし

 

すべてを同時に初めてもいい

 

人によって初期ステータスが違うから

 

得意不得意がある

 

ゲームでも自分の好きなステータスを伸ばすことができるように

 

現実のあなたもあなた次第で好きなステータスを伸ばすことが可能なのだ

 

まずはこれからどうしていきたいのか

 

じっくり考えてみよう

 

そうすることで自ずと伸ばしたいステータスが見えてくるだろう

 

何もないという人は

 

とりあえず、筋トレをしておくといい

 

体は資本である