読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

大家族で現代社会を生き抜く

 こちらの記事を読みました

togetter.com

簡単に要約しますと

共働きで世帯年収800万円を実現するよりも

子供を6人作って全員でバイトして世帯年収800万円の方が

家庭システムとして安定するし、優秀ですよ

なんといいますか、大家族つえー!

 

一人が仕事を辞めても

他に働いている人が五人もいるので家庭には

そこまで大きいダメージはありません

しかし、共働き家族は片方が仕事を辞めると

場合によっては半分以上減ってしまうでしょう

だから無理をしてブラック企業にでもいいからと

サービス残業をして、子供の顔も見れず、

過労死寸前まで働いてしまうのです

これでは安心して子供を育てられませんし、

第一共働きでは子育てなんて到底難しいでしょう

構成員が多い家庭の方が安定して生活できるは自明のようです

 

資本主義で格差が広がっていると騒がれています

一部の大金持ちと大家族以外の普通のサラリーマンは

家庭を維持していくのがかなり厳しくなっていくものと考えられます

 

日本は資本主義であると同時に民主主義です

味方が多ければ多いほど有利になるシステムです

自分にとっての最大の味方、家族を増やすことは

今の厳しい社会を生き抜いていく上で必要なことなのかもしれません