ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

クリエイターがコンテンツで稼ぐ「note」について調べてみた

今回は、noteというサービスを調べてみました。

 

http://www.flickr.com/photos/54276164@N00/34630357

photo by S@Z

 

 

noteとは

画像、文章、音声、動画を無料で公開、または販売も簡単にできるクリエイター向けSNSです。

早速自分のアカウントを作ってみました。

https://note.mu/sushim

 

Twitterとの最大の違いは販売できるところ

Twitterでもほぼ同じことができるような気がしますが、

最大の違いは販売が気軽にできる点です。

クリエイターが販売をしやすくなり、

独自のコンテンツをどんどん提供していけるようになります。

 

ブログやSNSというよりは販売サイト?

ブログやSNSとしても使えるのですが、

あまりユーザがいないようで、過疎化がすすんでいるみたいです。

検索にも引っかかった試しがないのでSEOもあまり強くなさそうです。

 

ブログやSNSはTwitterに分があるので

やっぱり販売サイトとして運営していく必要があるでしょう。

 

今後に期待

活発にコンテンツが投稿され、

販売がなされるようになれば、

どんどん人が集まってくる可能性はあります。

 

そのためにはクリエイターをもっと取り入れていく必要がありそうですね。

これだけ簡単に販売ができるサイトはそうそうないと思うので

売れる場所になれれば、もっと賑わってくると思います。

 

おわりに

ユーザー参加型サービスというのは

ユーザーがいてナンボというところがあり、

なかなか難しいです。

一旦、火が付けばTwitterのように爆発的にユーザーが増えることが期待できますが、

そこまで行かずに過疎化して消えてしまうサービスも多いでしょう。

そうならないように、noteにはぜひがんばってほしいですね。

 

※1/12 どうやら、販売目的の人は今はあまりいないようです。売れないとわかった人たちがいなくなって、残った少数のクリエイターががんばってもりあげようとしているのが現状なようです。