ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

カニバるってなんだろう

最近、カニバるという言葉をよく聞くようになりました。

全く想像がつかなかったのですが、

カーニバル=祭り

なのかな?

と最初は思ってのですが、使い所がどうも違うらしい。

検索してみました。

 

カニバるの意味は

カニバリズム:共食い

から来ている競合を意味するビジネス用語らしいです。

競合はお互いに食い合うということなのでしょう。

同じ業界同士であれば、なるほど確かに共食いのようです。

しかし、競合なんてものは他業界にもたくさんいるのが現代のビジネス市場でしょう。

例えば、富士フイルムは数年前から化粧品を販売していますが、

資生堂とカニバっているということなのでしょうか。

イマイチにしっくり来ません。

 

元の意味を考えても使う気はしないので

今後もわたしは使わないと思います。

カニバリズムで検索した時に真っ先に出てきたのが

カニバリズム - Wikipedia (閲覧注意)

です。

ちょっと使いづらいですね。

この言葉を知らない人が検索した時にこれで意味を知るというのは酷だと思います。

 

新語を作るなら使いやすく、楽しくなるような言葉にしてほしいものです。