ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

車の運転が「できる」人と「してる」人の違い=運転時に意識してほしいこと

こんにちは。じびです。

 

わたしはあまり自動車の運転はしません

しかし、どういう運転が安全かどうかはわかります

 

危険な運転をしている人を運転できると認めるわけにはいきません

国が認めても私は認めません

そういう人は運転しているにすぎないのです

 

ということで

どういう事象をしている人が運転できていないのか

ちょっと考えてみたいと思います

 

信号待ちなどでクリーピングしない

信号待ちで青になる前に

クリーピングしてちょっとずつ進む人いますよね

何を焦っているのかわかりませんが

もっと心にゆとりを持って運転してください

 

また、右折で歩行者がわたっているのに

クリーピングする人、まじで論外です

歩行者が最優先です

 

合図なしに発車しない

右ウインカーやライトなど

なんでもいいのですが、たとえ車が通っていなかったり

周りに歩行者などがいなさそうでも

合図なしに発車するのはやめてください

あなたの見えていないところに人はいるかもしれませんよ

 

カーブでむやみにブレーキを踏まない

カーブでむやみにブレーキを踏まないように

カーブの手前で十分速度を落としておきましょう

途中で踏まれると酔いますし

後ろの車も不安になるます

 

煽らない、過剰にスピードを出さない、むやみな追い抜きしない

当然ですね。

煽ってる人やスピード大幅違反、むやみな追い抜きをしている人に

運転うまいなと思う人はいません

これらをやっても統計的にそこまで目的地まで早く着けるわけではありません

それどころかただ危ないだけです

事故をおこすまえにやめましょう。

 

急加速、急減速しない

やめてください。酔います。

追突したり、追突される恐れがあります

 

駐車場にむやみに頭から入れる

広い駐車場で見通しが良く出やすいのであれば全く問題ないです

しかし、出辛いであろう道路脇の駐車場で

頭から入れるのはやめてください

自分が危ないだけでなく横を通る車も怖いです

駐車は基本、後ろから入れるものです

出る時のことを考えましょう

 

おわりに

まだまだありそうです

他にもありそうでしたらご意見お待ちしています

 

全ドライバーが安全に運転を心がけ

自動車事故がゼロになることを期待します

 

 

運転大百科 ドライブのマナーとコツ

運転大百科 ドライブのマナーとコツ