ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

勝負事は苦手である

勝負事は苦手である

 

正確にいうと

 

勝負事が苦手であった

 

なぜか

 

勝負事で負けるとすぐに感情的になってしまうからだ

 

あまり感情を外に出さないタイプであったが

 

それとは別で感情は湧いてくる者である

 

感情が表に出ないタイプを感情のないやつ

 

もしくは感情がコントロールできていると考えるのは間違っている

 

感情は表に出ているのだ

 

ただそれが大きいか少ないかの違いなだけで

 

 

若干の脱線をしたが、

 

感情的になるのが嫌で勝負事が嫌いなのである

 

勝負事で感情的になることの

 

対処法の一つに早々諦めることがある

 

これはひどい対処法であり、

 

対処になっていない

 

心理学で言うところの逃避と呼ばれるのに近い(専門家ではないので詳しくはない)

 

逃避ばかりしていては当然ながら勝てない

 

さらにイライラする

 

そして、その分野自体を諦める

 

逃避は勝負事の対処法としては下の下だ

 

そこで最近、実施しているのが

 

達観である

 

勝負の勝ち負けにこだわるのではなく

 

自分自身の成長のみにフォーカスを当てる

 

勝負の勝ち負けは運の要素がどうしても強くなってしまう

 

しかし、自分の実力は変わらない

 

調子のよしあしなどはあるかもしれないが

 

概ね安定しているはずだ

 

勝負事では自分の実力を発揮できたか

 

そして、前回よりも成長できているのかを指標にする

 

相手のことは考えず

 

あくまでも冷静に対処する

 

相手が煽ってくるタイプだとかなり難しくなるかもしれないが

 

それでペースを乱されては元も子もない

 

冷静に自分の実力を精一杯出すことが

 

最高のパフォーマンスを発揮できるのだ