読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

あなたの夢の実現まであと何歩ですか 「本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方」

あなたは本音で生きられているでしょうか

社会人なのだから本音で生きられるわけがないだろう

そう思われますでしょうか

上司の言うことなんて聞かず

親の言うことも聞かず

本音で生きられたらどんなにいいだろう

そうは思いませんでしょうか

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

 

 




言いたいことを言ってやりたいことをやる

言いたいことも言えないこんな世の中じゃ

そう言ってあきらめていませんか?

好き勝手言ってる人をご存知でしょうか

そう、堀江貴文氏です


一分一秒を楽しむ

一分一秒を大切に楽しめない人が

人生を楽しめるわけがないのです

人生は楽しむものではない?

苦しい時があるのはしかたのないことだ?

そうかもしれません

しかし、苦しい時、あるのは苦しさだけでしょうか?

苦しさの中に楽しさを見出すことはできないでしょうか?

また、楽しくないなら楽しくすればいいのです

仕事がつまらないなら仕事を変える

当たり前ですが自分の興味のある仕事にすれば楽しくなるでしょう

それでも楽しくならないのであれば考え方を変える

その仕事を楽しんでいる人もいるはずです

その人はどうやって楽しんでいるのかどうかを観察してみて

楽しみ方を学びましょう

好きな子のことはよく知りたくなるのと一緒で

好きなものには

もっとやりたくなるし

もっと上手になりたくなるし

もっと情熱的に取り組める

## 言い訳をやめろ

まずは言い訳をやめましょう

人は何かと理由をつけたくなります


オリンピックでメダルを取れなかった選手が

練習不足だから仕方がなかった

などと言っていたらどうでしょうか

そんなメンタルでメダルが取れるわけないだろうと思うのが

自然ではないでしょうか

それと同じことです

あなたの金メダルを取るために

言い訳をするのはやめにしましょう

 

人の顔色を伺うな

さて、日本には空気を読むという謎の文化があります

空気とは何か

誰が作ったのか

なぜ読まなくてはいけないのか

高校生で空気が読まないと友達ができない

大学生で空気が読まないとバイトができない

社会人で空気が読まないと出世ができない

空気を読めないと村八分にされる

それが日本村の真実でしょう

空気を読んで生きるのは

多かれ少なかれ自分のやりたいことを我慢して生きるということです

誰がどう思おうが関係ない

そんなことでやりたいことを我慢して

人生を終わらせるのですか?

## ノリで動け

何も始められないという人にはこういうタイプの人がいます

まずは勉強して資格を取って

きちんとわからないことを無くしてから

始めようと思うんだけど

時間もないしなかなか難しいです


始めてしまいましょう

始めれば嫌でも勉強するし

必要なことを必要な分だけ学ぶことができます

一番の近道なのです

 

いますぐやりたいことをやれ

つまるところ

いますぐやりたいことをやればいいのです

このことを理解できている人にとっては普通のことです

ホリエモンもこんなことは言う必要もないと考えていたようで

この本は一度読んだら捨ててくれと書いているほどです

それほど当然のことなのです

ホリエモンの当然を知りたい人は本書を読んでみてください

 

 

 

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)

本音で生きる 一秒も後悔しない強い生き方 (SB新書)