読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

我慢は美徳ではない

我慢は美徳

何て言葉を信じている人はどのくらいいるのでしょうか

はっきり言いますが、

我慢は美徳ではありません

 

多くの日本人が我慢をしているから

日本が悪くなっているのです

 

大きな我慢

我慢をするということは

自分にとって悪いと思うことがあるということです

例えば、

満員電車に毎日揺られるのを我慢している

毎朝早い時間に会社に行くのを我慢している

上司と飲み会に参加しなければいけないのを我慢している

残業したくないけどみんな帰らないから仕方なく我慢している

子供を作りたいけどお金がないから我慢している

・・・

などなど

自分だけが我慢すれば解決する問題というよりは

社会的に、組織的に取り組まないと解決しないような問題が多いです

しかし、それぞれみんなが我慢してしまえば

それは解決しない問題になってしまいます

同じ立場の人たちが同じように思えば社会は必ず変わっていくはずですが、

なかなか難しいでしょう。

 

小さな我慢

会社でも非効率的な作業などを我慢してやっていることはないでしょうか?

小さいことでもいいのです。

単純作業が嫌いなのに我慢しながらやるというのはやめましょう。

我慢してやっている作業があるなら

それがなるべく少なくなる、もしくはなくなるように

効率化を目指してみましょう

我慢は美徳ではないです

 

我慢して努力している人は評価される?

一年遊びもせずに勉強して東大に合格した人は尊敬されます

しかし、効率的に勉強し、空き時間で遊びながら東大に合格した人は尊敬されづらいでしょう。

 

毎日残業し、土日も仕事をしている人は尊敬されます。

しかし、効率化し、大量の仕事を定時内でこなしている人は冷たい目で見られるでしょう。

 

我慢していること、

努力していることで評価されるというのは

大きな間違いですし、

非効率な人だなとしか思えません

 

我慢を我慢と思わない

我慢を我慢と思わない対象であれば

それは我慢ではありません

好きなアニメを見ているのは我慢していることにはなりませんよね。

好きなことは我慢にはならないのです

もしかしたら勉強・仕事をすることが大好きで

三度のご飯より好きという人もいるかもしれません

そういう人にはふさわしい世の中なのだと思います

では、他の大勢の勉強や仕事が嫌いな人はどうすればいいのか

我慢を我慢と思わない対象を仕事にするしかないです

それがあなたのストレスを下げていき、

ゆくゆくは良い世の中になるでしょう。

 

おわりに

話が脱線してよくわからなくなってきたので結論を言いますが、

無理に我慢しても自分にも社会にも会社にもよくないですよ

ということが言いたかったのです。

 

「我慢」と「成功」の法則 ~後悔しない人生のための63のルール~

「我慢」と「成功」の法則 ~後悔しない人生のための63のルール~