ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

iOS9でなぜ広告ブロックされるのか

多くの人にはインパクトは薄いのか

想像よりも話題になっていない本件

「iOS9で広告ブロック」

機能についてです

 

概要はこうです

safariでネットを見る場合、

広告をブロックして表示を高速化させることができる

とのことです

 

利用者的にはとても素晴らしい機能だと思うのですが、

Apple側としてはどういった思惑があるのでしょうか?

本当のところはAppleさんしかわからないですが、

いろいろ想像してみることはできるので考えてみました

 

1. safariの高速化でiPhoneの販売促進

高速なsafariを搭載しているiPhoneということで

ブランドイメージを向上し、販売を促進するという理由。

明確でそれっぽく、とてもまっすぐな理由ですが

もっとドロドロとしたビジネスライクな理由が欲しいところです

 

2. アプリを増やしたい

ブラウザで広告収入を得られなくなった

サイトの持ち主はどうするのかというと

アプリを作ろうと考えるはずです

そうするとアプリが増えます

ブラウザからアクセスするサイトはAppleが管理できない領域ですが

アプリはAppleが審査をしているので管理がしやすいです

現状はどんな広告でも出せるアプリですが、

Appleの考え次第では自社広告以外は認めない

なんてことも容易なわけです

広告収入を得ているサイトを締め出し

アプリを増やす

アプリの広告を自社広告に絞る

なんていうプランを描いているのかもしれません

 

3. Googleの収益悪化を狙う

Appleの最大のライバルと言っても過言ではないGoogle

そのメイン事業である広告を真っ向から潰しにかかっているわけですから

これはガチンコの殴り合いでしょう

Googleを落とすことで自社を持ち上げたいのかもしれません

 

おわりに

個人的には2番目の理由が1番かなと思っていますが

最初から広告ブロック機能はオンになっていないらしいので

まだまだ実験段階なのかもしれません

メリットが多いと判断されれば

iOS10あたりでは完全に広告がブロックされるのかもしれません