読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

恋愛工学の本を読んでから「空戦魔導士候補生の教官」を見ていて吹いた話

先日、恋愛工学の入門書(?)として有名な下記の本を読みました

 

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)

ぼくは愛を証明しようと思う。 (幻冬舎単行本)

 

 

参考になる部分もありつつ、半信半疑で終わり、

本の内容を忘れそうになっていたある日、

思わぬところで恋愛工学に出会いました

 

それは「空戦魔導士候補生の教官」というアニメの4話を見ていた時に唐突に現れました

さえない医大生が可愛い女の子とに出会うところから始まります

その男は出会った少女に恋をしてしまうのですが、

かっこいい男とその少女が会話しているのを聞いてしまいます

かっこいい男は少女をかなり適当に扱っているのですが、

少女はものすごく嬉しそうにしているのです

そのことで医大生はショックを受けてしまうという場面です

 

これは恋愛工学的に言えば

Attractフェーズを完全に超えているということになります

相手を異性として魅了するフェーズであり、女性を自分の魅力で引きつけ、もっと知りたい、また会いたいデートさせたい、と思わすフェーズのこと。

ACSモデルよりモテる男になるためのカリキュラムを考えてみた - シークレット・イノベーション

これは恋愛工学の中でもっとも難しく、もっとも重要だと思える部分です(個人的な感想です

それを自然とこなしているかっこいい男、

実は主人公です

このアニメはいわゆるハーレム系アニメで

主人公に大量の女性が惚れていく話です(もちろん話の本筋は別にあります

この思想は恋愛工学にも通じるところがあり、

恋愛工学では大量の女性にアプローチするのがいいとされています

つまり、ハーレム系アニメというのは

恋愛工学の教科書にもなりうる可能性を秘めているのかもしれません

 

 

※今回紹介した作品はこちらです。下記の本は原作です。DVDはまだ先でしょう。 

空戦魔導士候補生の教官1<空戦魔導士候補生の教官> (富士見ファンタジア文庫)

空戦魔導士候補生の教官1<空戦魔導士候補生の教官> (富士見ファンタジア文庫)

 

 

関連記事

sshi.hatenablog.com