読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

【30秒の絵が100万円】いくら友達でもプロにその関連技術を頼むときには対価を支払うべき

ITの仕事をしているとありがちなのが

友人にパソコンやらスマホやらでわからないことがあると

気軽に聞いてくるところです

 

いくら旧知の仲の友達だったとしても

プロとしてその業界で働いている以上

対価は支払うのが最低限の礼儀です

 

ある有名な画家に下記のような逸話があります

あるレストランにピカソが訪れたとき、ウェイターのひとりがピカソに言った。

「このナプキンに何か絵を描いてもらえませんか?もちろん、お礼はします」と。

ピカソはそれに応え、30秒ほどで小さな絵を描いた。
そして、にっこりと笑って「料金は、100万円になります」と言った。
ウェイターは驚いて、「わずか30秒で描かれた絵が100万円ですか?!」と聞いた。
ピカソは、次のように答えたそうだ。
「いいえ、この絵は30秒で描かれたものではありません。40年と30秒かけて描いたものです」。

自分の産む価値をお金に換えたいなら好きなこととやるべきことを追求しよう|ピカソの秘密|ダイヤモンド・オンライン

 

この話はピカソによるものだそうです。

 

ある分野の専門家にその専門分野について何かを頼むとき

その時間が多いか少ないかはあまり関係ありません

その能力を得るまでに費やしてきた時間を含めて考えなければ

正しい対価はわかりません

その時間を全く気にせず軽く依頼するというのは

場合によってはその人の人生そのものを否定していることになります

お前のやってきたことは無価値なんだよと

だから無料でやれよと

そう言っているに等しいことです

 

少し大げさかもしれませんが真実です

時は金なり

いかに友達とも言えども最低限の礼儀と尊敬を持って接してください

敬意が伝わればご飯奢るだけでもいいと思いますよ

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?

なぜゴッホは貧乏で、ピカソは金持ちだったのか?