ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

なりたい職業ではなく、なった職業があなたの天職

高校生のなりたい職業ランキングで

一位が公務員(学校の先生なども含む)になったらしいですね。

ここから話をスタートすると

本当に公務員になりたいの???

ってところに着地しそうではありますが

今回はそういう記事ではありません

(そう思わないわけではないですが・・)

 

プロスポーツ選手だろうと大企業の社長だろうと

どうしてもなりたい!

と思ってやってきた人というのはどのくらいいるのでしょうか

多くの人がその場その場で自分自身にあった選択をしていった結果

そういったプロスポーツ選手になっていたり

社長になっていたりするのだと思います

 

そんなの一部の天才だけだと思われるでしょうが

無理なく職につくというのはとても大事です

 

無理して自分を偽り、

自分の時間を削り、

働いているから生産性はあがらないし、

精神病が増えているのだと思います

 

要するに、得意で好きな分野を職にするのが天職ということになります

そんなの当たり前じゃん、それが難しいから困っているのだろう

と思われるでしょうが

それほど難しい話でもないです

 

車が好きなのに建設系会社で働いて体を壊している人

バイクが好きなのに鉄道会社で働いて不規則な生活をしている人

楽器が好きなのにIT企業で働いている人

 

こういう人たちを知っています

車が好きなら車の修理会社やレンタカー会社にいけばいいのです

バイクが好きならバイクのディーラーに勤めればいいのです

楽器が好きならYAMAHAで働けばいいのです

お金が好きなら銀行とか証券会社に行けばいいんです

 

好きなことに関わることなら興味も出ますし情熱も出ます

好きこそものの上手なれ

という言葉は本当にその通りだと思います

ある分野においてそれを楽しんでやっている人に勝つには相当難しいです

 

好きで得意な分野を見つけてください

もう仕事についている人は自分を偽って入社したわけではないなら

その仕事が、その職が天職なのだと思います

(職場があっているとは限りませんよ)

 

 

林修の仕事原論

林修の仕事原論