ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

無理してでも起きるVS心ゆくまで眠る

日々、生活する中で睡眠というのは大半を占めています。

しかし、悩みが多いのも睡眠です。

中でもわたしが疑問に思ったのは

無理してでも起きる

のがいいのか、

心ゆくまで眠る

のがいいのかです。

http://www.flickr.com/photos/28145073@N08/5825429316

photo by Moyan_Brenn

 

仕事や学校があると無理してでも起きないとだめ

仕事や学校があると、無理して起きないとダメです。

生活のためですので仕方ないでしょう。

毎朝、二度寝、三度寝していますが、

思う存分寝ている実感はあまりないです。

 

休みの日は心ゆくまで眠れるけど

休みの日は時間は十分にあるので心ゆくまで眠ることができます。

平日に寝れていなかった分を取り戻すように寝ています。

 

しかし、長期の休みですとだんだんと生活のリズムが夜型になっていきます。

十分に寝ているせいで夜にあまり眠気が起きず、

夜更かしが多くなるからです。

こう考えると無理してでも起きるほうがいい気がしてきます。

 

睡眠は長さよりも質が大事らしい

睡眠時間は8時間必要?睡眠は長さより質が大切! - 眠りの総合サイト 快眠推進倶楽部

睡眠は時間を意識するよりも、質を大事にしたほうがいいみたいです。

きっちり、過不足無く、質の良い眠りを追求するのがベストなのでしょう。

それはわかっているのですが、なかなか難しいです。

 

おわりに

睡眠って生まれてからずっとしているのにもかかわらず、

満足のいく睡眠ができている人ってあまりいない印象です。

なにかいいコツのようなものがあれば教えていただきたいです。

 

関連記事


スリーブサイクルが目覚ましとして最強な3つの理由 - ひとりぐらしメソッド