読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

優秀な人がどんどん上にいってくれないと日本がおわる

働いていて思うこと、

自分より優秀な人が本当にたくさんいる

ということです。

あくまでわたしの周りの話なので

一般論にはなりきれていないですが、

何かの気づきになればと思います。

 

優秀な人の給料が安すぎる

自分より遥かに優秀なのに自分と数万円しか違わない給料をもらっているのです。

自分が10年経ってもたどり着けないほどの能力があるのにもかかわらず、

たったの数万円の差しかないのです。

夢も希望もあったもんじゃありません。

 

優秀な人はどんどん上を目指してください

優秀な人はもっと上を目指して欲しいです。

確かに大変ですが、それでは労働環境は到底よくなりません。

安い給料で働かないでください。

自分の能力に見合った仕事をしてください。

業界のため、労働者のために優秀な人はよりよい条件を求めて行って欲しいです。

 

ダンピングは労働者のためにならない

ダンピングという言葉があります。

業界シェアを確保するため、不当なまでに価格を下げて販売攻勢をかける

これは労働者にも例えられると思います。

優秀な能力を存分に使って、現状の地位に残ろうとするのはまさしく

ダンピングだと言えるのではないでしょうか。

 

労働環境がよくならなければ経済がよくならない

ひいては日本がおわります。

 

仕事というのは経験がものをいうところが多く、

優秀な人というのは大体がある程度の年齢がある人だと思います。

仕事に人が固定化されてしまうと

若い人にふられる仕事がどんどんなくなっていきます。

 

誰も日本経済なんて壮大なことを考えて行動しているわけではありません。

別に考えなくてもいいのです。

しかし、自分の給料はあげたいでしょう。

あげたいのであれば、どんどん上に行って欲しい。

いけるところまでいって欲しい。

そう思います。

 

おわりに

かなり個人的な感情で書いてしまったので

穴だらけだと思いますが、

とにかく、言いたいことは

優秀な人は自分の能力に見合った仕事をするか、

給料に見合った仕事しかしないで欲しい

ということです。

 

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに (岩波新書)

労働ダンピング―雇用の多様化の果てに (岩波新書)