読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ものごとにぷらす

ぷらすあるふぁを提供。

なんでもタダになる時代、どうやって稼げばいいのか

最近はなんでもタダで手に入る時代です。

 

・漫画

今は最新話のみなどですがタダで読めるアプリが存在しています

ComicWalker - 人気マンガが無料で読める!

 

・アニメ

ニコニコ動画GYAOバンダイチャンネルを組み合わせると

ほとんどの最新アニメをタダでみることができます。

しかも、時々全話無料みたいなイベントもやっているので

テレビのないわたしにはすごく助かります。

 

・ゲーム

ゲームもタダです。

パズドラ、黒ウィズ、クラクラなど

ものすごいハイクオリティのゲームを無料でプレイすることができるようになりました。

 

・ニュース

ニュースもタダ読めます。

昔は新聞やテレビで知るようなニュースも

今やヤフーニュースグノシーを見るだけで

タダであらゆるジャンルのニュースを見ることができます。

 

・プログラム

プログラムもほぼタダでなんでもできる時代です。

ブログを一から作りたいなら

WordPressというフリーのプラットフォームがあります。

githubというプログラムを公開するSNSを使えば他にもいろいろなものが

無料で手に入るでしょう。

 

などなどあげればキリがないのですが、

タダ化の流れができています。

 

コンテンツの価値が軽くなっている?

コンテンツの数が増えすぎたせいで、価値が軽くなってしまっているように感じます。

ネットでどんどん提供されるコンテンツを見ているうちに

コンテンツを大量に消費する生活に慣れてしまったのでしょう。

 

しかし、大量に生産され、大量に消費されるコンテンツ、

その中でもひときわ光るコンテンツというのは存在しています。

 

この時代に個人がコンテンツビジネスをやるなら

独自性を出していくしかないでしょう。

自分にしか出せない、自分だからこそ作れるコンテンツを提供していくことが

唯一の生き残り策だと思います。

ブログもコンテンツビジネスですが、大きく安定して稼いでいくには

下記ちきりんさんのブログのように独自の色、スタイル、人間性を出していくことが必要になるのでしょう。

Chikirinの日記

 

貨幣はなくなり、評価の時代がくる?

貨幣による経済は終わりつつあるのかもしれません。

「ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる」という本では

評価経済がやってくると書かれています。

評価経済というのは、お金がすべての今の貨幣経済ではなく、

人の評価によって価値が決まる経済のことです。

 

著者の一人である岡田氏は会社を経営しているそうですが、

従業員からお金をもらっているそうです。

非常に衝撃的でした。

そういった評価を売りにしていくようなことが

これからは常識になっていくのかもしれません。

ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!

ホリエモンとオタキングが、カネに執着するおまえの生き方を変えてやる!